FAMILY LIFE Ⅱ (2006.spring~)

日常

いつもの日々が戻る。
渓がいて、捷がいて、SARAHがいて、RUDYがいる。。。

「激しい運動や、興奮することはやめてください」
そんな医師の指示など全く関係なく、嬉しくて仕方のないSARAH。

ボールを持ってくる、投げて♪とねだる。
渓は「だめだよ・・・」とボールを隠すが、捷はSARAHの顔面めがけて投げる・・・
おいおい・・・・
家中のボールを隠す。
次はロープ、その次はコング・・・と次から次へと持ってくる。
全てのおもちゃを撤収・・・・・

もうちょっと、おとなしくしておいてね・・・・SARAH。
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-23 22:48 | RUDY & SARAH

退院

多くの方々に支えられ、たくさんの人たちに守られた日々。
長かった17日間。
苦しかった夏。
気がつけばもう秋の気配。

生死をさ迷い、戦い続けた4歳を迎えたばかりの夏。
涙が涸れるかと思うくらいに泣いた。
でも、いくらでも涙は流れた。
とめどなく流れた。

ここに、アナタがいる・・・・
当たり前の風景がどんなに嬉しく思えることか。。。
また、涙が流れるよ・・・

おかえり、SARAH!!
よく頑張ったね。
よく戦ったね。
これから、ゆっくり体力をつけて元気になろう・・・・

そして、何よりも支えてくれた方々に心から感謝の気持ちを伝えたい。
そして、救ってくれた先生・その先生を紹介してくれた方々にも・・・・・
心から感謝いたします。。。
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-22 22:33 | RUDY & SARAH

経過

「その後いかがでしょうか?」
そんな電話の問いに、主治医は明るい声で
「そろそろ退院も可能かと思われます」

高速道路を運転中の電話・・・
両手を離して喜んだ。

親戚との予定の兼ね合いで、二日間SARAHに会いに行けなかった。
寂しくないだろうか?
余計な心配だが、きちんと毎日のお散歩は楽しく行っているらしい。
よかった・・・・

明日は、必ず会いに行くからね。
元気になったアナタに・・・
迎えに行くからね。。。

我が家の大切な一人娘SARAH・・・
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-21 23:44 | RUDY & SARAH

検査結果

SARAHの検査結果・・・・
肺炎の白さはいくぶんとれてきたレントゲン・・・・
でも、次の問題が・・・・
肺の横に空気が溜まる・・・・気胸だ。

「とりあえず、処置をします。」
と、胸の横の毛を刈り、空気を抜く。
しばらく、様子を見ましょう・・・・・

週明けの退院・・・それは、月曜日ではなかった。
退院がいくらのびてもいい。
元気に我が家へかえってきてくれるのなら・・・・

頑張れSARAH---。
あと、一息だよ。。。
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-20 14:38 | RUDY & SARAH

面会

今日もSARAHの面会へ・・・
今日は、るる夫さんも一緒に行った。。。
RUDYさんは共に出かけることに大喜び。。。
助手席はRUDYさん、後ろに捷ちゃん。。。
今日はさすがに間違わずに行けた病院・・・・昨日の今日・・・当たり前か。。。

病院へ着くと、SARAHとRUDYとお散歩。
上手い具合に捷は寝てくれてるし・・・とベビーカーに乗せてお散歩に。
久しぶりのカップラーのリード。
当たり前の光景が妙に嬉しい。
RUDYも最初SARAHに会ったときはぶんぶん尻尾を振る。
でも後は相変わらず知らん顔・・・・
SARAHも嬉しそうにRUDYに駆け寄るが、あとは相変わらずマイペースなふたり。
それでも、なんだか、凸凹な二匹を連れて歩ける喜びはひとしおだ。

ちょうど捷も寝てるし・・・と病院2FのDOGCAFEへ。
・・と思ったら起きてしまった。。。(涙)
でも、強行!!
ゆっくりまったりSARAHとスキンシップを楽しみたい。
涼しいところで長く一緒にいたいもんね。。。

日に日に元気になっていくSARAH。
よかった・・・よかった・・・
ただただ、そればかり・・・・・
早く、お家に帰ってゆっくり休みたいね。。。

もう少しだよ、SARAH。
頑張って!!
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-19 22:32 | RUDY & SARAH

面会

朝の8時に渓をラグビー場へ送り、合宿へ送り出した。
その足で豊中まで車を走らせる。
初めて自分の運転で行く病院・・・・ここだけの話だが、2回道を間違えた。。。
なんとか到着。時間は9時半。

時間が早いこともあってか、病院は空いていた。
SARAHとの面会。
「SARAH・・・・」と呼ぶと、上目遣いで「どぉしていつもおいていくの?」というような表情。
でも、すぐに尻尾をパタパタと振りだし、ぺろぺろ舐めてくれた。
元気そうだ・・・・。
少なくとも会うたびに良くなっていっているように思える。
まだ、ICUではあるが、SARAHらしさがもどってきている。
舌の色もだいぶんよくなってきた。

今日も、お散歩に行った。
でも、暑くてあまりゆっくりはできない。
病院にもどったものの、SARAHも私からはなれようとしないし・・・・

一緒にいてあげること・・・・せめてもの安らぎなのか。。。
暑さ対策でSARAHのことを考え、2階のドッグカフェへ。。。
捷は結構、限界にきていたが、カフェに行くことで少し気がまぎれたようだ。
お店にお姉さんにたくさん相手をしてもらっていたお陰で、SARAHとゆくりまったりできた。
ソファーに上る。ひざにのる。甘えるSARAH。
だいぶんいつものSARAHだなぁ・・・と安心する。
まだ、少し、息づかいが荒いのと、咳をするのが気になる。
完全に治るまで、約3週間がめどと言われた。
今日の午後から点滴を外し様子を見てくれるようだ。
調子がよければ週明けに退院できるかもしれないとのこと。
よかった・・・・「退院」この言葉をどんなに待っていたか。。。
でも、また、しんどそうな顔を見るのは辛い。
どれだけ時間がかかってもいい。
とにかく元気になってくれれば・・・・・。

別れ際、吠えないSARAHがなく。
置いていかれることの不安。。。
「待って!ママ!アタチも帰りたいの!一緒に行く!」
そんな、彼女の叫びが聞こえる。

頑張れ。SARAH・・・あと一息だよ。
元気になって帰ってきたら、いっぱい遊ぼう。いっぱい走ろう。。。

みんなアナタの帰りを待っている・・・・
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-18 20:33 | RUDY & SARAH

面会

SARAHの面会へ・・・・
今日から通常診療の病院。
驚くような混み具合だった。。。
4つの診察室は満室。
待合ロビーは座るところもない。

面会の私たちは、すんなり院内へ通してもらえた。
無菌酸素室の中で、へばりつくSARAHのポーズ。
あ~~家と一緒だ・・・・
ゲージから出してもらうと、嬉しそうにコアラになる・・・
あ~SARAHのポーズだ。。。
まだ、息は少ししんどそうだが、無理できるくらい元気になった。

院長先生に初めてお目にかかり、深々と頭を下げた。
あの日、ぐっさんとは10年ぶりの再会だったらしい・・・・・
これも、何かの縁なのであろう。
遠い遠い関東のぐっさんに、この病院を紹介してもらえるなんて。。。
それも、このタイミングで10年ぶりの再会の時に・・・・・

担当の先生は「お散歩されますか?」とリードを用意してくれた。
「いくらお散歩してもしんどがる様子はないんですよね・・・」と。
そう、SARAHはいくらしんどくても頑張る子なのだ。
しんどいことよりも楽しいことが先に出る子なのだ。
無理しないでね・・・。
かるく散歩して、一緒に時間を過ごして、嬉しそうなSARAH.
まだ、便はゆるいが大分自力で何かをしようとする。
食事も少し食べるようになったようだ。
でも、歯のまわりには食べかすがたまっていた。。。
まだまだだな・・・・とちょっと悲しい気持ちになる。

それでも、少しづつ、よくなってきている。
明らかに、回復しつつある。
今日、酸素室から出て、普通の部屋へ・・・・
まだまだICUだが、一歩づつ改善の方向へ向かっているのが目に見える。

大丈夫、おまもりがアナタを必ず守ってくれるよ。。。
頑張れSARAH・・・
願いを託し、首輪におまもりをつけた。

先生はまだ、太鼓判を押さないが、私は信じてる。
アナタが必ず元気になることを。。。
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-16 22:12 | RUDY & SARAH

熱田神宮

去年のFINALの地・・・名古屋。
SARAHの回復を願って熱田神宮へ参る。
神頼み状態である。
願うことはそればかり。
「神様、どうかSARAHを救ってください」
何度お何度も唱えた。
そのことだけを何度も何度も・・・・・

この地へたった一年で我が家を導いてくれたSARAH。
JAPAN FINAL
アナタの素晴らしい力。
渓とプレイするSARAHが好きった。
輝く瞳でディスクを持ち帰るアナタが大好きだった。

水戸へ行こう。
権利を獲得した、渓とパパ。
SARAH号で・・・・・
私はいいよ。
だって、決勝ラウンド・・・っていう、あんな素敵な思いをっせてくれたSARAH。
たった15戦程度で3回も経験させてくれたSARAH。
ありがとう。
私はそれだけで充分。
元気になればまた、頑張れる。
来年も再来年もある。

とにかく、今を生きよう。
無理のないように。
でも精一杯・・・

絶対、元気になるよね。
おまもりに託したこの思い。
明日、アナタに届けるよ。

今日は会いにいけなくてごめんね。
頑張ってる?
先生、昨日よりもよくなってきてる・・・・って、お電話くれたよ。
みんなの思い、名古屋から届いたかな・・・・・
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-15 21:59 | RUDY & SARAH

会いに・・・・

お昼前の電話で「面会に来られますか?」の質問に
「無理させてしんどくしたくないので・・・」と断わった。
でも、やっぱり一日中SARAHのことを考えてばかり、気が気でない。
何も手につかない。

やっぱり行こう。

急変しやすい状態。
無理はさせたくないが、会わなかった後悔だけはしたくない。

病院はお盆休み中にもかかわらず、面会の予約を入れると快く病院をあけてくれた。

「SARAH」
呼びかけに、なんとなく上目遣いで応えるSARAH。
無理して舐めてくれる。
頑張って、甘えてくれる。
あまり疲れさせても・・・と、短い時間で切り上げたが、それがよかったのか悪かったのか。
すこしでも、励みになれば・・・・・

がんばれSARAH。
入院したときよりは少し目がしかりしているように思えた。
元気になれ・・・SARAH。
どれだけ時間がかかっても、必ずアナタと歩める日が来ると・・・
必ずアナタと走れる日が来ると・・・・
信じて已まない・・・・・
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-14 21:49 | RUDY & SARAH

様態

一日中、時計と向かい合う。
午前の診療が終わる頃には全ての検査結果が出ているはす。
12時前に病院へ電話。

様態は相変わらず何があってもおかしくない状態らしいが、
昨日よりは表情がいいとのこと。
肺は3分の1水に浸かっていたらしい。
ほとんど機能していない状態。
内臓はかかなりボロボロらしい。
心臓の検査の結果、やはり圧力が弱いとのこと。
イコール血圧が低い。
弱っているということ。

ICU無菌酸素室のSARAH。
24時間の点滴、抗生剤投与。
食事は食べない。
あまり良い状態ではないが・・・と、とりあえず電話を切る。

その10分後に電話が鳴る。
なんと、院長からだった。
診療の予定は16日までなかったのに、わざわざ診察して様態を連絡してくれた。
同じことを言われる。
「大丈夫ですとは言えません。。。」
その言葉ばかりが頭の中に残る。
院長の出した診察結果は「海水誤嚥性肺炎」
海水を間違って気管に入れた際に何らかのウィルスに感染。
その影響により発熱、肺炎をおこしたものではないか・・・と。
肺に水が入っていることによって横になると気管支が圧迫され苦しい。
そのために、立った状態、もしくは座った状態でいる。

最初からのSARAHの状態を思い返せば、院長先生の診断は正しいように思える。
少なくとも、ある程度納得のいく診断名だ。
アデノ・・・に比べると。。。

とにかく、できる限りのことはします・・・とおっしゃった院長先生。
そこで、ぐっさんの話になる・・・。
アライグマみたいな顔の・・・・?と言われさすがに返答に困るが、大学時代の友人らしい。
どちらにしても、この病院へ転院したことはよかったと思っている。
まさか、院長先生からわざわざ電話を頂くとは・・・・・
ぐっさんありがとう。
何もかもあなたのお陰。
そして、エルダママ・トムママ・・・全ての始まりはふたりのお陰。
何よりも感謝しています。

頑張れSARAH。
必ず、アナタを救ってくれるはず。
生きろ、SARAH。
後は、アナタの気力と体力だよ!!
[PR]
# by kshoru-sara2 | 2006-08-14 20:55 | RUDY & SARAH



勝・智・渓・捷と二匹のワンそして数々のペットたちの記録
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
MY FAMILY
サラパパ:1967.1.31 ♂
るるママ:197?.7.1. ♀
渓太郎:1998.10.20. ♂
捷之佑:2005.2.12. ♂
BORDER  COLLIE
RUDY:1999.6.9. ♂
SARAH:2002.8.8. ♀
その他もろもろの生物・・・
     管理人:るるママ

旧BLOGはコチラ・・・
FAMILY LIFE
速報はコチラ・・・
What's UP?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧